• Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • ブラックInstagramのアイコン

NISHIMURADESIGN ニシムラデザイン
〒955-0803 新潟県三条市月岡2-39-52
tel&fax 0256-55-4363
info@nishimuradesign.com
Copyright © 2016 nishimuradesign All Rights Reserved.

左手で右脳活性化

November 25, 2016

先日、とある会話の中で〝あえて左手で箸を使ってみる〟という話になりました。

普段右利きの人が、です。

 

左手を動かすことにより、右脳を活性化させるという試みなんだとか。(確かに聞いたことはあるけど、実際効果があるかはわかりません)

 

 

なんだか興味が湧いてきたので、ちょっと実践してみることにしました。(職業柄、右脳は活性化させたいもんです。)ちなみにその方は3ヶ月である程度使えるようになり、1年経った今では自由に使えるレベルだそうです。

 

早速やってみると、初めての割には案外うまくいき、食事の後半では豆粒サイズをつまめるようになりました。おそらく早く使えるようになった方だと思いますが、(実際妻は全然使えるようにはなってません)なぜか?と考えました。

 

 

 

実を言うと私はつい3年くらい前まで、正しい箸の持ち方が出来てませんでした。子供が生まれたタイミングで、子供にも恥ずかしくないようにと直しました。

 

その時、論理的にどの指で挟み、どの指で支えるかなど、頭でわかった上で練習したのです。

 

その時の練習のおかげで〝頭でわかっていた〟から左手でもスムーズに持つことができたんだと思います。

 

小さい時から正しく箸を(感覚的に)持つことができた妻は、左手ではうまく持てませんでした。なるほどなるほどと悦に入っていたところ、ふと思いました。

大人として論理的にわかっていることを、感覚的にも習得していない子供に強要していないかなと。

 

「トイレ行きたくなったらちゃんと教えなさい!」「早く服着なさい!ボタンの向きもちゃんと見なさい!」これって大人としては分かっている(習得している)、当たり前中の当たり前。だけど、論理的には分からない、感覚的にも習得していない子供にとっては「そんな事言われても・・・」ってなるのかなと。

 

感覚的な習得を待ち、論理的にゆっくり説明できるように、心のゆとりを持ちたいなと思った次第です。

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

February 14, 2019

Please reload

アーカイブ